防犯カメラで住民の排泄を確認も 住民の高齢化トラブルが深刻化

シニア

2022/07/19 10:00

 築40年を超えるマンションが増える中、住人の高齢化も進んでいる。認知症の居住者が、オートロックが開けられずにエントランスに長時間座り込んだり、自分の部屋を忘れ他の部屋の呼び鈴を片っ端から鳴らしたりと、高齢化によるトラブルが起きているのだ。

あわせて読みたい

  • 老いるマンション問題が表面化 部屋に戻れない認知症の住人も

    老いるマンション問題が表面化 部屋に戻れない認知症の住人も

    週刊朝日

    7/15

    マンション“空き家問題”の深刻な実態 相続放棄で区分所有者がいない場合

    マンション“空き家問題”の深刻な実態 相続放棄で区分所有者がいない場合

    週刊朝日

    8/2

  • マンションの「認知症トラブル」 防止策に独自の「居住者台帳」整備も

    マンションの「認知症トラブル」 防止策に独自の「居住者台帳」整備も

    週刊朝日

    11/10

    マンション管理人のなり手がいない! 高齢化社会の分譲マンション問題

    マンション管理人のなり手がいない! 高齢化社会の分譲マンション問題

    週刊朝日

    8/5

  • 増加する「老いたマンション」 35%は管理費の積み立て不足も

    増加する「老いたマンション」 35%は管理費の積み立て不足も

    週刊朝日

    12/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す