江口のりこ、結婚相手は「俳優は絶対にイヤ」 理想は夢で見た外国人のおじさん?

林真理子

2022/03/26 11:30

江口:簡単にすぐ好きになっちゃいますからね、だいたい。

林:江口さんはそういうワナに陥らなかったんですか。

江口:すべてワナだと思ってるので、ちょっとでもそんなふうに思ったら、「気をつけろよ」って自分に言いますね。だから共演者を好きになることはないです。

林:でも、この後もしかしたら年下の俳優さんと電撃結婚するかもしれない。氷のようなお姫さまの心を溶かす人が出てきて。

江口:俳優は絶対にイヤです。どこかでライバル意識があると思うんです。こっちは仕事がいっぱいあって、向こうがなかったり、その反対だったり、絶対あるじゃないですか。そんなときお互い気をつかうと思うんです。

林:お酒も飲みに行かないし、他業種の人とつき合うチャンスないじゃないですか。

江口:ないですねえ。でも、きのう夢を見ました。UFOを呼べる外国人のおじさんがいて、一緒にUFOを呼ぼうという仕事があって。その人と一緒に休憩してて、私が寝てたらその人が毛布をかけてくれて、こういう人とつき合えばいいんだなと思って隣を見て、「やっぱりイヤ」と思う夢(笑)。

林:それはハリウッドに行け、という夢じゃないですか?

江口:メチャクチャいいほうに解釈しますね(笑)。

林:SF映画のオファーが来て、日本人女性の役で出て、でも、なんだこんなもんか、と思って帰ってくる。そう思ったらどうですか。

江口:なるほど。じゃ、期待してます、そんなふうに(笑)。

林:江口さんに初めてお会いしたけど、私が思ったとおりの人でしたよ。なんだかうれしいな(笑)。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

江口のりこ(えぐち・のりこ)/1980年、兵庫県生まれ。2000年に劇団東京乾電池に入団。舞台、映画、テレビなどで幅広く活躍。過去の出演作に、舞台「奇跡の人」「寿歌」「神の子」「Home,I’m Darling~愛しのマイホーム~」、ドラマ「半沢直樹」「SUPER RICH」など。放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演するほか、舞台「お勢、断行」(5月11~24日・世田谷パブリックシアター、28日~6月19日・兵庫、愛知、長野、福岡、島根)への出演が控える。

週刊朝日  2022年4月1日号より抜粋

1 2 3

あわせて読みたい

  • 江口のりこブレークの実感なし? 「やってることはぜんぜん変わらない」

    江口のりこブレークの実感なし? 「やってることはぜんぜん変わらない」

    週刊朝日

    3/25

    江口のりこ、高校に行かず2万円で上京 3畳間に住み新聞配達から売れっ子へ

    江口のりこ、高校に行かず2万円で上京 3畳間に住み新聞配達から売れっ子へ

    週刊朝日

    3/26

  • 高橋克実は「本格派俳優」ではない? 「『グッディ!』、楽しかったですよ」

    高橋克実は「本格派俳優」ではない? 「『グッディ!』、楽しかったですよ」

    週刊朝日

    10/23

    山口祐一郎「きっかけは4番目の父親」 歌の才能を見抜かれ

    山口祐一郎「きっかけは4番目の父親」 歌の才能を見抜かれ

    週刊朝日

    5/21

  • 尾野真千子「デビューは“げた箱発信”」

    尾野真千子「デビューは“げた箱発信”」

    週刊朝日

    1/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す