在宅死が“かなわない”理由 本人の気遣いや医療者の敗北感も

ヘルス

2022/03/22 17:00

 病院死が大多数の今、在宅死を望んでいても、それがかなわなかったケースが散見されている。「最期は家で」と願うなら、本人や家族が自ら実現のために動く姿勢が必要だ。在宅死がかなわなかったケースをもとに対策をひもとく。

あわせて読みたい

  • コロナは軽症でも、入院で認知症が悪化した人も コロナでわかった「在宅医療」のメリットは

    コロナは軽症でも、入院で認知症が悪化した人も コロナでわかった「在宅医療」のメリットは

    dot.

    10/30

    家族がストレスで潰れない! 在宅医療がうまくいく秘訣とは?

    家族がストレスで潰れない! 在宅医療がうまくいく秘訣とは?

    dot.

    1/18

  • 「満足して旅立つ」在宅医療 病院と同レベルのケアは可能か?

    「満足して旅立つ」在宅医療 病院と同レベルのケアは可能か?

    週刊朝日

    2/5

    「家から死人を出したくない」家族も 森鴎外の孫・小堀医師が語る“在宅死”の課題

    「家から死人を出したくない」家族も 森鴎外の孫・小堀医師が語る“在宅死”の課題

    週刊朝日

    1/5

  • 後悔しない在宅死 必要なのは「延命・救命」の基準と“患者力”

    後悔しない在宅死 必要なのは「延命・救命」の基準と“患者力”

    週刊朝日

    10/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す