「死」とは何か 脳死状態で約20年生存した人の脳はどうなっていた?

2022/01/28 19:00

 人は、何をもって「死んだ」とされるのか。現代社会では、「死の3徴候」に基づいて医師が判断する。「心拍の停止」「自発呼吸の停止」「対光反射の喪失・瞳孔拡大」だ。これらは死を科学的に定義した基準ではなく、「蘇生する可能性がない」との臨床医学の経験則に基づいている。3徴候が一定時間続くと死亡が確認される。

あわせて読みたい

  • 老化と死の関係は? 日本人の死因1位「がん」のメカニズムは?

    老化と死の関係は? 日本人の死因1位「がん」のメカニズムは?

    週刊朝日

    1/28

    日本は解剖数が少ない? コロナで露呈した「死因究明」の弱さ

    日本は解剖数が少ない? コロナで露呈した「死因究明」の弱さ

    週刊朝日

    1/27

  • 心停止下の臓器提供が激減! 法改正で移植医療が危機的状況に

    心停止下の臓器提供が激減! 法改正で移植医療が危機的状況に

    週刊朝日

    4/7

    大阪ビル火災で27人心肺停止「放火の疑い」目撃者が相次いで語る

    大阪ビル火災で27人心肺停止「放火の疑い」目撃者が相次いで語る

    dot.

    12/17

  • 移植医療

    移植医療

    週刊朝日

    7/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す