「遺贈寄付」で人生最後の社会貢献 少額でも可、不動産は難しい場合も

2021/11/30 16:00

 財産を相続人以外へ残す選択肢として、故人が残した遺産を、特定の個人や団体に寄付する「遺贈寄付」が注目を集めている。とはいえ、遺贈寄付について詳しく知る人はまだそれほど多くないだろう。想いを実現するには、遺言書の作成などの手続きも欠かせない。どんな点に注意したらいいか、具体的に見ていこう。

あわせて読みたい

  • 「遺贈寄付」が増加傾向 関心が高まる背景は?

    「遺贈寄付」が増加傾向 関心が高まる背景は?

    週刊朝日

    11/30

    あえて“相続せず”に逝く! 増える「遺贈寄付」の実態

    あえて“相続せず”に逝く! 増える「遺贈寄付」の実態

    週刊朝日

    4/19

  • 100万円以下でも遺産を社会に還元! 増える「遺贈」の魅力とは?

    100万円以下でも遺産を社会に還元! 増える「遺贈」の魅力とは?

    AERA

    6/26

    静かに広がる「遺贈」という選択 増加の背景にあるものとは

    静かに広がる「遺贈」という選択 増加の背景にあるものとは

    AERA

    6/17

  • 「自筆証書遺言」はこう書く! トラブル回避&失敗しないルール

    「自筆証書遺言」はこう書く! トラブル回避&失敗しないルール

    週刊朝日

    6/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す