加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨 (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

加藤シゲアキ 「ジャニーズが書いた」と言われ続け…受賞に感慨

※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

「NEWS」でアイドルとして活躍しながら、作家としても意欲的に活動する加藤シゲアキさん。芸能人が作家活動を続ける苦悩や次回作について、作家・林真理子さんが伺いました。

加藤シゲアキ『オルタネート』で実感 新潮社の校閲がすごい!】より続く

【写真】加藤シゲアキさんが飾った週刊朝日の表紙はこちら

*  *  *
林:私、今回お目にかかるんで久しぶりにデビュー作の『ピンクとグレー』(12年)を読み直したら、初めてなのにあれをちゃんと書けたって、やっぱりすごいですよ。きちんと構成もできていて、キャラクターも二人をちゃんと書き分けているし。

加藤:あのときはコメントもいただき、ありがとうございました。

林:あのあと、いろんなインタビューで「芸能人が書いたとか、ジャニーズが書いたとか言われてすごく悔しかった」とおっしゃってましたけど、加藤さんのそういう気持ちがいちばんわかるのは、たぶん私だろうなと思う。ご存じないでしょうけど、私も40年近く前はテレビにいっぱい出ていたので、小説を書いても「まともなものなんか書けるわけない」ってずっと言われていて、直木賞をとったときも「話題づくりのためにとらせたんだ」とか言われたんですよ。

加藤:僕、とってないのに言われますからね(笑)。

林:これだけ書いているのにそう言われて悔しい、という加藤さんの気持ち、私はすごくわかるんです。でも、賞を一つとっておくと世間の目がだいぶ変わるし、特に吉川英治文学新人賞というのはすごくいい賞ですから、その賞をとったのはよかったな、と思って。

加藤:ありがとうございます。林さんだけでなくて、伊集院静さんも同じような思いをされたらしくて、だから以前は、文学賞をとらないとダメだろうと思っていたんです。でも、ここまで書いてきて賞に縁がなかったから、もはやそういう悔しさも薄くなってきていて。若い人が読書離れしている昨今、『オルタネート』をきっかけに本を好きになってもらえる、そんな入り口になればいいなという気持ちで書いていましたね。だから文学性みたいなものはいったん置いて、リーダビリティー(文章の読みやすさ)を大事にしたいなと思って書いてました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい