タイトルも掴みも極上エンタメ 熟練者の技が光る直木賞作家の最新作

読書

2021/06/10 17:00

 文筆家・鈴木聞太さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』(桜木紫乃、KADOKAWA、1760円・税込み)の書評を送る。

あわせて読みたい

  • 実家がラブホ経営の桜木紫乃「先生も“男”だと気がついて何かわかった」

    実家がラブホ経営の桜木紫乃「先生も“男”だと気がついて何かわかった」

    週刊朝日

    7/11

    桜木紫乃×林真理子のガールズトーク「そっちのセイコウね。私、官能出身だから」

    桜木紫乃×林真理子のガールズトーク「そっちのセイコウね。私、官能出身だから」

    週刊朝日

    7/11

  • 小説『家族じまい』は「終う」より「仕舞う」 作家・桜木紫乃が語る

    小説『家族じまい』は「終う」より「仕舞う」 作家・桜木紫乃が語る

    週刊朝日

    12/4

    本田翼 映画『起終点駅 ターミナル』メイキング&モノローグドラマDVD発売

    本田翼 映画『起終点駅 ターミナル』メイキング&モノローグドラマDVD発売

    Billboard JAPAN

    8/19

  • 実家のラブホテルを作品のテーマに 新・直木賞作家の素顔

    実家のラブホテルを作品のテーマに 新・直木賞作家の素顔

    週刊朝日

    7/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す