コロナ禍の放送界で重宝! プロ必携の計算機能つきストップウォッチ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍の放送界で重宝! プロ必携の計算機能つきストップウォッチ

連載「楽屋の流行りモノ」

山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子・放送作家、コラムニスト

山田美保子・放送作家、コラムニスト

放送・音楽業界で働くタイムキーパーに向けて作られたプロ仕様のストップウォッチ。実際にプロの仕事現場に出向き、仕事内容や仕草を分析し、使いやすさを追求した高性能ストップウォッチだ。「時間計算機能」「ストップウォッチ機能」「タイマー機能」「時計機能」を盛り込んだ同商品は、1994年の発売以来、放送業界に口コミで広がり根強い需要を作った。「サウンドプロデューサー SVAX001」1万5400円(税込み)

放送・音楽業界で働くタイムキーパーに向けて作られたプロ仕様のストップウォッチ。実際にプロの仕事現場に出向き、仕事内容や仕草を分析し、使いやすさを追求した高性能ストップウォッチだ。「時間計算機能」「ストップウォッチ機能」「タイマー機能」「時計機能」を盛り込んだ同商品は、1994年の発売以来、放送業界に口コミで広がり根強い需要を作った。「サウンドプロデューサー SVAX001」1万5400円(税込み)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は「サウンドプロデューサー SVAX001」(セイコーウオッチ)を取り上げる。

【写真】プロ必携、計算機能つきストップウォッチ

*  *  *
 緊急事態宣言の期間は案の定、延長された。テレビ局やラジオ局の生ワイド番組では、再び、「スタジオにいる人数を減らすため」、リモートが盛んになっている。

 私の場合、県を跨いで移動している『ドデスカ!』(メ~テレ)は都内の技術会社にてSkype出演。『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)や、4月から天津の木村卓寛さんがMCを務め、話題になっている『Go!Go!いわて』(岩手朝日テレビ)はテレピックと呼ばれる電話出演に。

『バイキングMORE』(フジテレビ系)でも、テレピックで見解を話すことが増えているが、こちらは編集をしてもらえるので時間を気にせず話せる。困るのは生放送の『~SAKIDORI!』と『~いわて』。「17時36分まで」とか、「2分半以内で」などと伝えられても、自宅にある時計が正確に時を刻んでいるとは限らない。

 スマホの時計機能やストップウォッチのアプリ? 出演はそのスマホを使っているのだ。

 そこで久しぶりに活躍しているのが『セイコー』のロングセラー、「サウンドプロデューサー」というストップウォッチだ。

 新卒でTBSラジオのキャスタードライバーをしていた私にとって、ストップウォッチは必需品だったが、当時は控室で大切に保管されていたモノを拝借していた。ガラスの、いかにも精密機器という風貌だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい