高血圧とメタボ解消に苦心 「麻雀か、お散歩か」作家・黒川博行の選択は (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高血圧とメタボ解消に苦心 「麻雀か、お散歩か」作家・黒川博行の選択は

連載「出たとこ勝負」

黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行・作家 (c)朝日新聞社

黒川博行・作家 (c)朝日新聞社

※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、黒川家の選択について。

*  *  *
 このところ血圧が高い。かかりつけの病院で血圧手帳をもらって毎日、記録しているが、朝は上が180で下が100、夜は上が170で下が90を超えることもある。血液検査をしたが、腎臓や肝臓に異変はなく、血糖値も問題なかった。本態性の高血圧ですかね──。医師も首をかしげて降圧剤を増やしてもらったが、どうもはかばかしくない。

 これはほんまに痩せんといかんな。わたしは反省した。毎年、人間ドックでメタボを指摘されている。

 前々から食事の量は意識的に減らしていて、ごはんは軽く一膳、麺類はよめはんと半分ずつ、野菜はできるだけ多く摂るようにしているが、それを徹底しようと決めた。もっと運動もしないといけない。

 とりあえずテニスや──。日曜日、市営のテニスコートに行ったら、メンバーがいない。ほかのコートにもひとがいない。市のスタッフに訊いたら、その日が緊急事態宣言が出された日で、当分のあいだ、コートは使用できないといわれた。

 がっかりして家に帰り、考えた。ウォーキングでもするか──。ただ歩くだけというのがおもしろくない。五年ほど前、よめはんとふたりで近所を歩いたが、一週間でやめたのは雨が降ったからだ。なにか決めごとをしても守れたためしのないのがわたしのキャラクターで、そこはよめはんとまったくちがう。よめはんは毎月一、二回、京都へ行って舞妓や芸妓(げいこ)をデッサンし、毎月一回、近くの美術クラブに行ってヌードデッサンをする。毎日、絵を描き、買い物は歩いて行くことを自分に課して、それを守る。若いころはそうでもなかったが、よめはんはいまや“信念のひと”“意志のひと”なのだ。そんな立派なひとが同じ屋根の下にいるということは、わたしにとってもなにかしらの糧になっているにちがいない(この部分、よめはんが読むことを期待します)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい