Sexy Zone「最初は10年もやれるって想像できなかった」“良い変化”とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Sexy Zone「最初は10年もやれるって想像できなかった」“良い変化”とは?

週刊朝日
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 10周年イヤー初の新曲「LET’S MUSIC」を発売するSexy Zone。時にぶつかり合いながら成長してきたこれまでのこと、そしてここから向かう場所とは──。

>>【前編/Sexy Zone・菊池風磨 自身のCDを買ったことが一度もなかった】より続く

【Sexy Zoneが飾った週刊朝日の表紙はこちら】

*  *  *
──先日はアルバム収録曲の結果発表も兼ねて、初のオンラインファンミーティングを開催されました。やってみた手応えはいかがでした?

全員:楽しかった!

松島聡:自分も楽しかったし、今みたいな普段の僕たちの掛け合いを、ファンの方に届けることができてよかったなって。

菊池風磨:圧倒的なホーム感でリラックスしてやれたし、その感覚が懐かしくもありましたね。

松島:グッ、ふごふご!(食べかけのクッキーを喉に詰まらせて咳き込む)

中島健人・佐藤勝利:え!?

菊池:一気に食べすぎなんだよ(笑)。どんだけ口に詰め込んでるの?

中島:あ~。今は皆でご飯に行けない状況だからね。ここで食べておこうと思ったのかな?

松島:個包装だからいいかなと思って……あれ、「個包装」で合ってる?「個梱包」? ココンポウ!(と、ふざけて言いつつ、胸を張り両腕をロボットのように広げる)

全員:(笑)

中島:勝利のネタやん。(そのポーズはアルバムにも収録されたグループの原点のような人気曲「With you」での佐藤の振りマネ。「細いから大きく見えるように」と考案されたものだが、今思うとちょっと笑えるポーズで、ファンミーティングでは思い出話で盛り上がった)

佐藤:こないだは俺だけやってた話になっていじられたけど、あのポーズ、全員やってたから!

中島:俺はやってないわ。

菊池:いや、俺もやってないよ。絶対やってない。

佐藤:いや、なんなら二人とも俺よりやってるからね。写真撮ったもん。見る?(自分のスマホで、当時の歌番組の画面写真を見せる。と、確かに全員がやっている)

中島・菊池:キャハハ!!(手をたたいて爆笑。しばらく笑いが止まらない)

菊池:え、嘘でしょ!? これ、俺じゃないよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい