「帰れないかもしれない」と父は身なりを整えた 作家・下重暁子の「二・二六事件」

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2021/03/05 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、クーデターと革命について。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す