「たいした熱じゃないから…」PCR検査断った立憲・羽田雄一郎参院議員の悲劇  (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「たいした熱じゃないから…」PCR検査断った立憲・羽田雄一郎参院議員の悲劇 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
亡くなった羽田雄一郎議員(C) 朝日新聞社

亡くなった羽田雄一郎議員(C) 朝日新聞社

 12月27日午後、立憲民主党の羽田雄一郎参院議員が東京都内で死去した。享年53歳という若さだった。

「雄ちゃんがこんなにも突然、亡くなるなんて、信じられません。1か月ほど前に2人で話し込み、立憲民主党と一緒になったことだし、また政権とれるように頑張ろうと言っていたのに……」

 原口一博衆院議員は沈痛な声でこう語った。

【アンケート】テレビを見ていて信用できないと思う人1位は「安倍首相」2位、3位は…?

*  *  *
 羽田氏の体調の異変は12月24日のクリスマスイブだった。羽田氏の支援者は亡くなる直前の様子をこう話す。

「37度を超える発熱があり、念のため、保健所にも連絡。PCR検査をどうするかと聞かれたそうです。ただ高熱でもないと判断し、コロナの拡大で
多忙な保健所、医療機関に迷惑をかけるのもと慮ったようです。『たいした熱でもないから』と断り、自宅で静養したそうです。25日には熱も下がったので、会合などはキャンセルして引き続き、自宅で静養していたそうです。26日は羽田氏の妻の誕生日で、お祝いもあり、ずっと東京の自宅にいた」

 再度、体調の変調を訴えたのが27日午前だった。熱が上がり、PCR検査を受けることになり、秘書に迎えに来てくれるように頼んだ。

「出かける前にシャワーを浴びたら、ちょっとフラつくような感じがあった。自宅で静養していたためかと、思い、車に乗り込んだ。その時もちょっと足取りがおぼつかない様子だった。秘書が車出してしばらくすると、様子がおかしくなった。後部座席にいる羽田氏に呼び掛けても返事がなく、意識がないことに気づいた。大急ぎで心臓マッサージなど、蘇生処置を施した。そして病院に搬送されたが、意識が戻ることはなかったそうです」(前出・支援者)

 一部では「糖尿病を患っていた」という報道もあるが、関係者によると「重篤なものではない」という。


 雄一郎氏は父、羽田孜元首相の秘書を経て1999年参院補欠選挙で長野選挙区から初当選。これまで当選5回で民主党へ政権交代した2012年には野田内閣で国交相として初入閣を果たしていた。


 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい