増える「自分じまい」介護、身元保証、看取り、お墓…「終活」支援サービス活況で (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

増える「自分じまい」介護、身元保証、看取り、お墓…「終活」支援サービス活況で

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近はロボット葬儀や直葬も… (GettyImages)

最近はロボット葬儀や直葬も… (GettyImages)

終活を支えるサービス一覧 (週刊朝日2021年1月1-8日号より)

終活を支えるサービス一覧 (週刊朝日2021年1月1-8日号より)

 人生100年時代の最後は誰しも「おひとりさま」になる可能性は高い。独身の人だけでなく、夫や妻と離婚、死別したり……。家族がいても頼れる人はやがて少なくなる。最近は終活を支援するサービスが広がり、もしもに備え、「自分じまい」を準備する人が増えている。

【一覧で見る】終活を支えるサービスはこちら

*  *  *
「病院に送ってくれたり、入院の手続きもしてくれたり、必要な物があったら、自宅から取ってきてくれる。一人だったら、どうなっていたか……」

 都内在住の70代の男性はこう振り返る。男性は2年前、持病の脊柱管狭窄症が悪化し、歩けなくなった。自宅から、かかりつけの病院まで交通の便もよくない。そこで頼ったのが、終活をサポートするNPO法人「きずなの会」(名古屋市)。

 同会は、病院や介護施設、アパートなどに入る際に求められる身元保証人を引き受けるほか、入院や入居の手続き、身の回りの世話などもしてくれる。亡くなった後にも、訃報の連絡や葬儀、納骨、死亡届の提出や公共料金の解約手続きなどを肩代わりする。

 男性が入会したのは、それ以前に、別の病気で入院したのがきっかけだったという。

「退院後に相談に行った区の地域包括支援センターで紹介されました。両親はすでに他界し、兄は体調を崩しているし、弟とは疎遠。ずっと独身で、妻も子どももいないので、何かあった時に頼れる人がいない。きずなの会は、お墓のことや遺品の片づけも任せられるので助かります」

 男性のように、不安を抱える人は多い。2019年の国民生活基礎調査によると、65歳以上の人がいる世帯のうち、28.8%が単身世帯で、これまでで最も多くなった。国立社会保障・人口問題研究所によれば、65歳以上の一人暮らし世帯は15年の625万世帯から40年に1.4倍の896万世帯に増える予測だ。「もしもの時に頼れる人がいない」という人が、今後はもっと増える。

 そこで、生前のうちに終末期の身の回りの世話や、亡くなった後の葬儀や墓、相続などに自ら備える終活をサポートする取り組みが注目され、問い合わせが急増しているという。きずなの会の長谷川賀規・東京事務所長は、こう話す。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい