日本人の「ふつう」とは? 台湾2世の主人公が抱える母との葛藤、結婚の深い悩み

2020/12/14 08:02

 文芸評論家の清水良典さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『魯肉飯のさえずり』(温又柔著、中央公論新社 1650円・税抜き)。

あわせて読みたい

  • “日本語が外国語”の人が日常を生きる大変さ 温又柔の新エッセイ

    “日本語が外国語”の人が日常を生きる大変さ 温又柔の新エッセイ

    週刊朝日

    7/8

    32歳ひきこもり主婦が明かす 婚活で脱出を図った母優先の日々
    筆者の顔写真

    石井志昂

    32歳ひきこもり主婦が明かす 婚活で脱出を図った母優先の日々

    dot.

    8/17

  • 世界18カ国の料理が簡単3ステップ&身近な食材で作れちゃう! 人気料理教室のレシピが初の書籍化

    世界18カ国の料理が簡単3ステップ&身近な食材で作れちゃう! 人気料理教室のレシピが初の書籍化

    BOOKSTAND

    9/18

    エチオピアの「ふつう」を知ることで日本の「ふつう」も見えてくる?

    エチオピアの「ふつう」を知ることで日本の「ふつう」も見えてくる?

    AERA

    12/9

  • 「母と息子」の日本論

    「母と息子」の日本論

    週刊朝日

    1/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す