「宗教がかっている」と言われ…帯津医師が自分の「信仰心」を明かす

ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

2020/11/30 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「私の信仰心」。

あわせて読みたい

  • 「聖なるものへの畏怖心」を持つ大切さ 医師・帯津良一が説く
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「聖なるものへの畏怖心」を持つ大切さ 医師・帯津良一が説く

    週刊朝日

    11/25

    不安な時代に読みたい『自省録』の「不動心」とは? 帯津医師が解説
    筆者の顔写真

    帯津良一

    不安な時代に読みたい『自省録』の「不動心」とは? 帯津医師が解説

    週刊朝日

    5/30

  • パンダに「これぞいのち!」 帯津医師が説く「こころ」と「いのち」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    パンダに「これぞいのち!」 帯津医師が説く「こころ」と「いのち」

    週刊朝日

    8/30

    「卵巣そのものが一個の“天体”」 解剖学者が語った人体の小宇宙
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「卵巣そのものが一個の“天体”」 解剖学者が語った人体の小宇宙

    週刊朝日

    10/11

  • 「医療における祈りの効果」とは? 帯津良一医師がロンドンから送った思い
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「医療における祈りの効果」とは? 帯津良一医師がロンドンから送った思い

    週刊朝日

    10/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す