がん保険は検討すべき? コロナ禍の医療保険の加入・見直しの落とし穴 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

がん保険は検討すべき? コロナ禍の医療保険の加入・見直しの落とし穴

池田正史週刊朝日
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

主な保険の種類と見直しなどのポイント (週刊朝日2020年12月4日号より)

主な保険の種類と見直しなどのポイント (週刊朝日2020年12月4日号より)

最近は選択肢も増えている (週刊朝日2020年12月4日号より)

最近は選択肢も増えている (週刊朝日2020年12月4日号より)

 新型コロナウイルスの勢いが衰えず、健康や家計の不安は高まるばかり。保険も同じように、加入しているもので備えは万全か、ムダなものに入っていないか、心配の種は尽きない。うつやストレスで働けない場合など、コロナ時代に頼りになる保険を紹介しよう。

【見直してみよう!主な保険の特徴とチェックポイントはこちら】

*  *  *
「新型コロナウイルスの感染拡大後、医療保険についての相談が増えています」

 保険に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)の竹下さくらさんは話す。病気や健康への意識が高まり、“万が一の備え”として加入を検討する人が相次いでいるというのだ。

 景気の落ち込みで仕事や収入に対する不安感も高まり、加入済みの保険を見直して出費を抑えたいと考える人も目立つ。

 見直しにはいい機会だが、早合点は禁物だ。

「新型コロナに感染しても、国の『指定感染症』なので検査代や治療費は全額公費で賄われます。民間の医療保険も保険金の支払い対象ですが、コロナへの備えのためだけに慌てて入る必要はないでしょう」

 保険は、毎月の保険料を払ったり、加入時にまとまったお金を用意したりしなければならない。中長期でみると数百万円や数千万円になる“買い物”だが、不確実なリスクへの備えであるだけに、保険料が適正かどうかを判断しにくい。

 もともと、日本人は保険に入りすぎだという。生命保険文化センターが一昨年発表した調査によれば、1世帯当たりの年間保険料は平均38・2万円。それだけの額をため続ければ、わりとまとまった額になる。

 保険に入れば、確かに安心感は得られるかもしれない。だが、保険料が家計を圧迫し、本当に必要な支出に回せなくなってしまっていたら、本末転倒だ。

 では、本当に頼りになるのはどんな保険か。どんな点に注意して選べばよいだろう。

「保険で備えようとしているものが『自分で対応できるリスクかどうか』が、必要か不要かを見分けるポイントです」と指摘するのは、『保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)などの著書があるFPの長尾義弘さんだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい