俳句をやらない? コロナの時期に気づいた日本語の妙 作家・下重暁子

ときめきは前ぶれもなく

2020/11/27 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、俳句を通して気づいた日本語の妙について。

あわせて読みたい

  • LINEで“実に優雅な遊び”を 下重暁子が語るコロナ禍の句会事情
    筆者の顔写真

    下重暁子

    LINEで“実に優雅な遊び”を 下重暁子が語るコロナ禍の句会事情

    週刊朝日

    6/11

    「俳句」世界で一番短い詩?かもしれません。

    「俳句」世界で一番短い詩?かもしれません。

    tenki.jp

    10/12

  • 8月19日は 「俳句」の日。季節のうつろいを575のリズムにのせて

    8月19日は 「俳句」の日。季節のうつろいを575のリズムにのせて

    tenki.jp

    8/19

    久しうて飯のうまさよ今朝の秋―8月19日は俳句の日

    久しうて飯のうまさよ今朝の秋―8月19日は俳句の日

    tenki.jp

    8/19

  • “毒舌俳人”夏井いつきは「組長」? 句会ライブがおもしろすぎ!

    “毒舌俳人”夏井いつきは「組長」? 句会ライブがおもしろすぎ!

    週刊朝日

    5/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す