大竹しのぶ コロナ時代に名作「女の一生」で主演する意味

2020/10/18 11:30

「誰が選んでくれたのでもない。自分で選んで歩きだした道ですもの」──。舞台「女の一生」の主人公・布引けいの名台詞だ。杉村春子さんの当たり役とされた役を、この秋、大竹しのぶさんが演じる。

あわせて読みたい

  • 大竹しのぶ「あの喪失感は一生忘れられない」舞台中止、そして自粛

    大竹しのぶ「あの喪失感は一生忘れられない」舞台中止、そして自粛

    週刊朝日

    10/18

    半沢“紀本常務”段田安則の次なる挑戦とは? 名作舞台で演出も

    半沢“紀本常務”段田安則の次なる挑戦とは? 名作舞台で演出も

    週刊朝日

    10/15

  • 木村佳乃 実は絵を描くのが下手?

    木村佳乃 実は絵を描くのが下手?

    週刊朝日

    6/15

    「この国は、歌の国」五木寛之と大竹しのぶが語る“令和の日本”

    「この国は、歌の国」五木寛之と大竹しのぶが語る“令和の日本”

    週刊朝日

    1/4

  • 高橋克実は「本格派俳優」ではない? 「『グッディ!』、楽しかったですよ」

    高橋克実は「本格派俳優」ではない? 「『グッディ!』、楽しかったですよ」

    週刊朝日

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す