【家つまみ】重ねておいしさ倍増!「鶏肉とゴボウの煮込み」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】重ねておいしさ倍増!「鶏肉とゴボウの煮込み」

連載「家つまみでひとやすみ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田民子週刊朝日#レシピ#黒田民子
鶏肉とゴボウの煮込み

鶏肉とゴボウの煮込み

【ワンポイントアドバイス】鶏肉の上にゴボウとにんじん、ネギを重ねて鶏肉のうまみを野菜に含ませる (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】鶏肉の上にゴボウとにんじん、ネギを重ねて鶏肉のうまみを野菜に含ませる (撮影/写真部・松永卓也)

"黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「鶏肉とゴボウの煮込み」。

【「鶏肉とゴボウの煮込み」を作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 秋が深まると、いよいよ根菜類の出番です。ゴボウやにんじんと相性のいい鶏肉を合わせて煮物を作ってみました。

 まんべんなく火を入れたいので、材料は大きさを揃えて切るのがポイントです。鶏肉はまず2cm幅に切ってください。ゴボウはたわしで表面を洗って土をきれいに落としましょう。にんじんは皮つきのまま縦4等分に切ります。ネギは白い部分を長さ5cmに切ります。そして鶏肉、ゴボウ、にんじんをネギに合わせて5cmの長さに切ります。

 次に調味料と水を鍋に入れ、ひと煮立ちしたら先ほどの材料を鍋に入れますが、ここでもポイントが。最初に鶏肉を敷き、ゴボウとにんじん、ネギの順に重ねて入れ、落としぶたをして中火弱で煮ます。こうすると鶏肉のうまみが野菜にしみておいしく仕上がります。最後は落としぶたをはずし、煮汁を煮詰めたらできあがり。ネギの青い部分を添え、七味唐辛子をふってどうぞ。あったかご飯が進みますよ。

(構成/沖村かなみ)

■鶏肉とゴボウの煮込み
【材料】(2人分) 鶏もも肉1枚(250g)、ゴボウ1本、にんじん1本、ネギ1本、調味料(醤油大さじ1と1/2、酒大さじ3、みりん大さじ1、砂糖大さじ1)、水100ml、七味唐辛子適量

【作り方】(1)ネギの白い部分を長さ5cmに切り、鶏肉、ゴボウ、にんじんをネギの大きさに合わせて切る。(2)鍋に調味料と水を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら鶏肉を入れ、その上にゴボウとにんじん、最後にネギを重ねて入れ、落としぶたをして中火弱で10分煮る。(3)落としぶたをはずし、中火強で煮汁を煮詰め、火を止める。(4)器に盛り付け、ネギの青い部分を刻んで添え、好みで七味唐辛子をふる。

【ワンポイントアドバイス】鶏肉の上にゴボウとにんじん、ネギを重ねて鶏肉のうまみを野菜に含ませる。

週刊朝日  2020年10月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい