田原総一朗「伝説の経営者から学ぶコロナ禍でも重要な思考とは」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「伝説の経営者から学ぶコロナ禍でも重要な思考とは」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗週刊朝日#田原総一朗
ジャーナリストの田原総一朗氏(c)朝日新聞社

ジャーナリストの田原総一朗氏(c)朝日新聞社

イラスト/ウノ・カマキリ

イラスト/ウノ・カマキリ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの企業が業績の悪化に苦しんでいる。ジャーナリストの田原総一朗氏は、コロナ禍の今、伝えたい経営者の言葉をいくつか紹介する。田原氏はこれまで500人以上の経営者を取材してきたという。

【この連載の画像の続きはこちら】

*  *  *
 私は、この50年間に500人以上の経営者を取材してきた。もちろん、何度も取材した経営者も少なくない。その中から、とても印象に残った経営者100人を選んで『伝説の経営者100人の世界一短い成功哲学』という著書を刊行した。意表を突かれ、共感させられた、いわば私を“唸らせた言葉”を選び出したのである。

 たとえば、パナソニックの創業者である松下幸之助を取材したとき、彼は80代で、私は40代であった。私は、松下に「あなたは、社員を役員や関連会社の社長に抜擢するとき、その人物のどこを決め手にするのか」と問うた。

 松下は「頭のよさでも身体の丈夫さでもない」と言った。それでは何なのか。

「大切なのは、運です。運のない人間は、あきません。運というのは、難しいことにぶつかったとき、悲観したりあきらめたりすることなく、面白がって前向きに取り組める人間、そういう人間には、向いてくるのです」
 
 松下は、そう言い切った。

 ソニーを井深大と組んで設立した盛田昭夫は「ソニーは、世の中にない商品を開発するのだ」とあまり力まない口調で言った。ウォークマンが大きな話題になっていた時代であった。

 創業以来、ソニーは模倣ではなく、独自の新分野を開発してきた。しかし、それは必ずしも新しい発明によるものではない。たとえば、ウォークマンは、既存の技術を組み合わせて開発された、全く新しい商品であった。盛田は、人間のテクノロジーをもってすれば解決できない問題はない、とも語り、「私が楽天的なのは、落ち込んだり悲観的になったりする暇がないから」と笑って言った。コロナ禍ではこうした楽天的な思考が必要である。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい