「京都ぎらい」から5年…「ネタバレ」しても面白い“京都シリーズ”完成の域に

読書

2020/08/08 08:00

 国際日本文化研究センター所長の井上章一さんといえば、ベストセラー『京都ぎらい』。それから5年、このほど『京都まみれ』(朝日新書)を上梓した。ネタの面白さもさることながら、独特の語り口もこの本のよさだという。作家・比較文学者の小谷野敦さんが論評する。

あわせて読みたい

  • 魅力度ランキング2位「京都」に住んでわかる理想と現実

    魅力度ランキング2位「京都」に住んでわかる理想と現実

    ダイヤモンド・オンライン

    10/31

    日本人が外国人から「ひねている」と思われる理由

    日本人が外国人から「ひねている」と思われる理由

    AERA

    8/21

  • 退位後の天皇陛下は京都に

    退位後の天皇陛下は京都に

    AERA

    2/9

    武士の原動力は京都の美女!? 『京都ぎらい』作家が持論

    武士の原動力は京都の美女!? 『京都ぎらい』作家が持論

    週刊朝日

    12/26

  • 旅館の清掃従業員として働く65歳住職の困窮 「食えないお寺」が増えている

    旅館の清掃従業員として働く65歳住職の困窮 「食えないお寺」が増えている

    AERA

    7/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す