アルコールに睡眠不足も…老化の原因「糖化」を防ぐ5つの生活改善とは?

ヘルス

2020/08/02 09:00

 コロナ禍の外出控えで運動不足、ストレスからつい甘い菓子を食べてばかりいる──。そんな生活に心当たりがある人は要注意。「糖化」によって体が“焦げて”いるかもしれない。臓器や組織の細胞が糖化すると、その細胞の機能を低下させてしまう。さらに糖化の影響は動脈硬化や骨粗鬆症などにも及ぶ。糖化によって「AGE(終末糖化産物)」という老化を促進する物質が生じるのだ。

あわせて読みたい

  • 健康診断ではわからない! 老化の引き金“糖化”の恐ろしさとは?

    健康診断ではわからない! 老化の引き金“糖化”の恐ろしさとは?

    週刊朝日

    8/1

    炭水化物や糖のとり方に注意! AGEを減らす“不老メシ”

    炭水化物や糖のとり方に注意! AGEを減らす“不老メシ”

    週刊朝日

    1/30

  • 間食はダイエットの味方! 専門家が推奨する「太りにくい食べ物」

    間食はダイエットの味方! 専門家が推奨する「太りにくい食べ物」

    AERA

    8/26

    コロナ禍で原因不明の体調不良が急増? 食後の眠気は危険なサイン

    コロナ禍で原因不明の体調不良が急増? 食後の眠気は危険なサイン

    週刊朝日

    12/4

  • 食べる時間で脳のパフォーマンスが変わる 効果的な間食タイミングとは?

    食べる時間で脳のパフォーマンスが変わる 効果的な間食タイミングとは?

    AERA

    8/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す