コロナ禍の経営危機で狙われる開業医 悪質「医療ファクタリング」が急増

新型コロナウイルス

2020/06/15 08:00

 給与を“担保”に前払いとして事実上、現金を貸し付ける「給与ファクタリング」。この給与を医療機関に支払われる診療報酬に置き換えたのが、「医療ファクタリング」と呼ばれる新手の手口だ。コロナ禍で経営不振にあえぐ開業医の間で悪質な業者による被害が急増している。

あわせて読みたい

  • 迫る「コロナ」「大地震」「水害」の三重苦!週刊朝日独自調査による「危ない街ランキング50」を一挙公開!

    迫る「コロナ」「大地震」「水害」の三重苦!週刊朝日独自調査による「危ない街ランキング50」を一挙公開!

    6/8

    「病院に行くのが怖い」 コロナ禍で診療所が破綻危機 消毒・防護具費用も負担に

    「病院に行くのが怖い」 コロナ禍で診療所が破綻危機 消毒・防護具費用も負担に

    AERA

    6/13

  • 医師1335人アンケートで見えた いま医師が望む「医療崩壊防止」「新型コロナ対応」策

    医師1335人アンケートで見えた いま医師が望む「医療崩壊防止」「新型コロナ対応」策

    AERA

    8/21

    3割の医師が減収 コロナ対応の有無問わず医療現場で「命を守る」が続かない

    3割の医師が減収 コロナ対応の有無問わず医療現場で「命を守る」が続かない

    AERA

    1/21

  • PCR検査代4万円のリアル「実費は1万8千円で医師の取り分は2千円、あとは手数料」東京都医師会会長明かす

    PCR検査代4万円のリアル「実費は1万8千円で医師の取り分は2千円、あとは手数料」東京都医師会会長明かす

    週刊朝日

    10/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す