お家時間に読みたいマンガ12選 書店員がおすすめ! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お家時間に読みたいマンガ12選 書店員がおすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子週刊朝日
(左から)火の鳥、孤独のグルメ【新装版】、二月の勝者(c)高瀬志帆/小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中

(左から)火の鳥、孤独のグルメ【新装版】、二月の勝者(c)高瀬志帆/小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中

書店員イチ推しマンガはこれだ!(1/2) (週刊朝日2020年5月29日号より)

書店員イチ推しマンガはこれだ!(1/2) (週刊朝日2020年5月29日号より)

書店員イチ推しマンガはこれだ!(2/2) (週刊朝日2020年5月29日号より)

書店員イチ推しマンガはこれだ!(2/2) (週刊朝日2020年5月29日号より)

 日々の新型コロナウイルス感染者数も減り、緊急事態宣言の全面解禁が近づいてきた。しかし、第2波の恐れもあり、今後も“お家時間”は増えそうだ。そこで充実した売り場で定評のある都内4書店のコミック担当者たちが、コロナの憂鬱を忘れさせてくれるようなおすすめマンガを紹介! 今回は「アクション、アドベンチャー」「グルメ」「その他」のジャンルです。

【書店員イチ推しマンガはこれだ!全ジャンルの一覧はこちら】

■アクション、アドベンチャー
 閉塞感あふれる今の空気を吹き飛ばすには、こちらを。「ゴールデンカムイ」(集英社)は、痛快で先の読めない展開にハマる人続出。

「面白い要素がこれでもかと詰め込まれた、サバイバル歴史冒険マンガ。癖の強い登場人物、迫力あるバトルシーン、狩猟グルメ、暑苦しいくらいの熱量……。一言で言い表せないけど、とにかく面白い!」(紀伊國屋書店・山崎陽子さん、以下(紀))

 38年前の作品ながら、2020年の東京オリンピック開催や伝染病の蔓延などが描かれ、SNSで「予言書か?」と話題なのが「AKIRA」(講談社)。

「マンガ家に多大な影響を与えた源流のような作品で、今改めて読む価値大。精緻な作画は画集のよう」(ジュンク堂書店・山口由香里さん、以下(ジ))

 壮大なSFファンタジー叙事詩「ファイブスター物語」(KADOKAWA)もかなりの読み応えあり。

「設定の細かさ、登場人物の多様さなどじっくり読み込むには最適。連載開始前に作品世界の年表が公開されており、照らし合わせて読む面白さもあり」(今野書店・コミック担当チーム、以下(今))

 壮大さといえば、やはり「火の鳥」(朝日新聞出版)も外せないだろう。

「読む時々によって受け止め方が変わる作品。今ならどう感じるか。火の鳥という永遠の象徴に対して自身の命の小ささ、運命への抗いや共存は生命賛歌のようでも、鼓舞されているようでもあります」(往来堂書店・三木雄太さん、以下(往))

■グルメ
 読むだけで猛烈に食べたくなってくるのがグルメもの。「孤独のグルメ」(扶桑社)はドラマ化で有名に。

「どこかの町並みから物語が始まり、散策の中で見つけた飲食店での気取らない食事を見ていると、日常の貴重さを思い出させてくれる。一日も早い外食の機会が待ち遠しいです」(往)

 山頂での料理を描いた「山と食欲と私」(新潮社)も自粛後の楽しみにしたい。

「自分でも実践したくなるアウトドア飯がたくさん出てくるので、簡単なものならベランダや庭で再現できそう。外出できないからこそ、アウトドア系マンガが息抜きになります」(ジ)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい