「おじさん家政夫」ドラマがトレンド? 松重豊の「きょうの猫村さん」評 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「おじさん家政夫」ドラマがトレンド? 松重豊の「きょうの猫村さん」評

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「きょうの猫村さん」(テレビ東京系 水曜24:52~)をウォッチした。

【究極の癒やし!?カトリーヌあやこ氏によるイラストはこちら】

*  *  *
 猫の家政婦・猫村ねこの日々の暮らしをふわりと描いた漫画の実写化。ピンクのエプロンをつけたこの猫を演じるのは松重豊だ。

 ドラマが延期続きの今クールだが、もしも通常営業だったら、おじさん家政夫作品が3本並んでいた。松岡昌宏の「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)、大森南朋の「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)、そして本作なんである。

 おばさん家政婦界の頂点は、もちろん「家政婦は見た!」(テレビ朝日系)の故市原悦子で揺るぎなし。うかつに手を出せば「あらいやだ、滅びなさい」と悦子に宣告されそうで。

 悦子を変化球でオマージュした松嶋菜々子の「家政婦のミタ」(日本テレビ系)、更にそれをひねったのが「ミタゾノ」で、つまり家政婦の第三形態はおじさんなのだ。猫村さんは猫だが、演じるのはやはりおじさん。

 かつて「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で稲垣吾郎が、猫村さんチックな「きょうの猫垣さん」というコントをやっていた。この時の着ぐるみのほうが、頭がまんまるで、より原作に近かった気がする。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい