桃井かおり「私が最後の恐竜になり得る感じ」人生後半の“たくらみ”とは? (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桃井かおり「私が最後の恐竜になり得る感じ」人生後半の“たくらみ”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶週刊朝日
桃井かおり(ももい・かおり)/1951年、東京都生まれ。71年に「あらかじめ失われた恋人たちよ」(清水邦夫・田原総一朗監督)でヒロインを演じて本格的に女優デビュー。2005年に「SAYURI」でハリウッド映画初出演。06年に「無花果の顔」で長編映画監督デビューし、第57回ベルリン国際映画祭 NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)ほか受賞。16年には「火 Hee」を監督・脚本・主演。映画「一度も撃ってません」では阪本順治監督と初タッグを組み、石橋蓮司、岸部一徳、大楠道代ら盟友たちと共演。(撮影/小山幸佑)

桃井かおり(ももい・かおり)/1951年、東京都生まれ。71年に「あらかじめ失われた恋人たちよ」(清水邦夫・田原総一朗監督)でヒロインを演じて本格的に女優デビュー。2005年に「SAYURI」でハリウッド映画初出演。06年に「無花果の顔」で長編映画監督デビューし、第57回ベルリン国際映画祭 NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)ほか受賞。16年には「火 Hee」を監督・脚本・主演。映画「一度も撃ってません」では阪本順治監督と初タッグを組み、石橋蓮司、岸部一徳、大楠道代ら盟友たちと共演。(撮影/小山幸佑)

映画「一度も撃ってません」のワンシーン。桃井さんは主人公・市川(石橋蓮司)の50年来の旧友にして元ミュージカル女優、という役どころ。劇中で歌も披露している

映画「一度も撃ってません」のワンシーン。桃井さんは主人公・市川(石橋蓮司)の50年来の旧友にして元ミュージカル女優、という役どころ。劇中で歌も披露している

 自由に、悠々と、カッコよく。ずっと変わらぬ輝きを放つ桃井かおりさん。映画「一度も撃ってません」では盟友・石橋蓮司さんの18年ぶりの主演を支えている。ずばり核心をつきつつユーモア満載の小気味いい「桃井節」を、たっぷりお楽しみください。

【映画「一度も撃ってません」のワンシーンはこちら】

*  *  *
「阪本さん(順治監督)にいっとう最初にお願いしたのはね、『ちゃんと“老け”を撮ってくださいね』ってことですよ。長生きって、老けるって、こんなにおもしろいんだぞ、ほうら、うらやましいだろう!って。そうしないとこんなに老けた人間ばっかり出る映画、作る必要ないじゃない? そしたら監督、ほんとに照明を当てなかった。『そういう意味じゃないんだって阪本ちゃん!』って感じだったけどね(笑)」

 映画「一度も撃ってません」は、いわば桃井さんが言い出しっぺになり完成した、最高のハードボイルド・コメディーだ。石橋さん演じる主人公は御年74の伝説のヒットマン。だが、実は一度も拳銃を撃ったことがない。

「阪本さんは原田芳雄の最期に『大鹿村騒動記』を撮ってくれた。それが私たちにはありがたくて。だから今回は『蓮司が元気なうちに撮ってくださいよ』ってお願いしたの。これだけの俳優を集められるのは蓮司と阪本さんの“男気”がなせる業です」

 妻役の大楠道代さん、友人役の岸部一徳さんをはじめ豪華キャストが集結。同時代を生きた俳優たちによる「あ・うん」の呼吸と掛け合いは、オトナたちのさめやらぬ宴、ともいうべきたのしさに満ちている。

「大好きなこのメンバーとだったら、ほかの人とでは写らないものが写るはずだ、って思ったんです。芸を超えるっていうのかな。脳が反応する前に体がなにかしら表現するんじゃないか、何でもないものがポン!と写らないかなと」

 実際、そうなった。一番好きなのは、4人が宵の繁華街をゆらゆらと歩いて帰るシーンだという。

「台本には『歌を歌いながら歩く』って書いてあったんだけど、まず道代さんが『え? あたしたち歌わなきゃならないの?』って。そしたら蓮司も『そうだよな、なめてるよな俳優を。俺たちが歩きゃ、それだけで何か写るだろ! それを撮れよ!』って(笑)。実際この映画にはそこにある“ムード”が写ったと思う」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい