河井克行前法相夫妻の公選法事件 東京地検特捜部が逮捕許諾請求を視野 案里氏秘書の初公判も (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

河井克行前法相夫妻の公選法事件 東京地検特捜部が逮捕許諾請求を視野 案里氏秘書の初公判も

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
河井案里参院議員の公設秘書の初公判が20日、が行われる(C)朝日新聞社

河井案里参院議員の公設秘書の初公判が20日、が行われる(C)朝日新聞社

 河井夫妻の事件は黒川高検検事長の定年延長決定直後の1月15日、強制捜査で大きく動いた。そこには検察の思惑があったという。

「河井夫妻の捜査は黒川高検検事長の定年延長をよく思わない稲田伸夫・検事総長の意向もあったと検察内ではみられている。河井夫妻の事件をめぐっては稲田検事総長と黒川高検検事長のガチンコ勝負になるという声もあります」(前出の捜査関係者)

 自民党のベテラン議員がこう漏らす。

「新型コロナウイルス対応で安倍政権の支持率は急降下だ。そこに河井夫妻が逮捕となれば、安倍政権の存亡にかかわる。前代未聞の黒川高検検事長の定年延長も安倍政権が盤石だからこそ、実行できた。河井夫妻が県議や市議に金をバラ撒いたのは買収でなく、政治活動のための寄付でしょう。黒川高検検事長なら理解してくれるはずと、捜査のブレーキ役を期待する声が聞かれます」

 捜査の行方から目が離せない。(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい