「麒麟」「半沢」、森三中まで… テレビ界襲う「エンタメ崩壊」危機 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「麒麟」「半沢」、森三中まで… テレビ界襲う「エンタメ崩壊」危機

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日#新型コロナウイルス
「麒麟がくる」で明智光秀役を務める長谷川博己(C)朝日新聞社

「麒麟がくる」で明智光秀役を務める長谷川博己(C)朝日新聞社

“コロナショック”はテレビ界をも直撃している。

 NHKは放送中の朝ドラ「エール」と大河ドラマ「麒麟がくる」の収録の当面見合わせを発表。TBSも毎回100人以上の有名人が一堂に会する「オールスター感謝祭」の放送延期や、春ドラマの本命と目された「半沢直樹」の続編の放送開始延期を発表した。

 4月4日には、お笑いトリオ、森三中の黒沢かずこが新型コロナウイルスに感染したと所属事務所が公表。肺炎の症状はすでに収まったというが自宅療養を余儀なくされている。メンバーの大島美幸も自宅待機していることを夫で放送作家の鈴木おさむ氏が自身のSNSで明かしており(村上知子も自宅待機)、トリオでレギュラー出演する「ヒルナンデス!」(日テレ)などへの影響も心配される。

 ある放送作家は語る。

「『YOUは何しに日本へ?』や『イッテQ!』など海外もののバラエティーも苦しいですよね。今ロケをしていること自体が悪いことのように見えるでしょう。状況がある程度収まらないとあらゆる業種でロケNGという状態は続きます」

 人気バラエティー番組などに携わるあるテレビ関係者は、現状をこう嘆く。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい