シニアの「汚部屋」問題は「曜日ごと片づけ」で解決 認知症予防にも (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シニアの「汚部屋」問題は「曜日ごと片づけ」で解決 認知症予防にも

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤根千鶴子週刊朝日#シニア
※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

1週間の片づけメニュー例 (週刊朝日2020年4月10日号より)

1週間の片づけメニュー例 (週刊朝日2020年4月10日号より)

 外出の予定などが変わり、在宅時間が増えたという方も最近多いことだろう。そんなときには生活習慣を見直したり、家の不要品の整理に目を向けてみることも大切だ。シニア世代にとっては、片付けの習慣が認知症予防にもつながる。ライフジャーナリストの赤根千鶴子氏が取材した。

【習慣化しよう!1週間の片づけメニュー例はこちら】

 家の中のモノは、いつのまにやら増えているもの。「でも片づけるのは面倒くさくて」「毎日忙しいから時間がなくて」。そんなことを言っている間にどんどん収拾がつかなくなり、気が付いたら手のつけようのない「汚部屋(おべや)」に住んでいたりしないだろうか。

 モノが整理されていない汚部屋は、モノが見つかりにくくてイライラする「ストレス部屋」にもなりやすい。また、散らかるモノにつまずいたり、すべったりして家の中で転倒すれば大変なことになる。

『片づけ脳』(自由国民社)の著者で脳内科医の加藤俊徳医師は言う。

「“片づけられない”ということには、実は脳の働きが深く関わっています。脳には1千億個以上の神経細胞があり、同じような働きをする細胞が集まって集団を作っています。シニア世代になってくると、からだを動かすときにさまざまな指令を出す『運動系』や、覚えたり思い出したりすることに関係する『記憶系』の集団の機能が劣化しがちです。そのため、以前は片づけ上手だった方がびっくりするほど片づけ下手になってしまうこともあります」

 では、脳のこの機能の劣化にストップをかけるためには、どうしたらよいのだろうか?

「一番いいのは逆転の発想で、『片づけの習慣化』を始めることです。“片づけ”は思いのほか脳にさまざまな働きを要求する行動です。毎日の習慣にしてしまえば、脳は毎日刺激を受け、『運動系』『記憶系』の機能はおのずと鍛えられていきますよ」

 加藤医師がまず推奨するのは、「朝片づけ」を習慣化することだ。

「一気にたくさんの片づけをやろうとすれば、気が重くなるだけです。初めは食卓やソファの上に置いてあるものを毎日片づけることから始めましょう」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい