【新型コロナ】1年では終息しないと専門家 ワクチンは早くて1年後、薬は…? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【新型コロナ】1年では終息しないと専門家 ワクチンは早くて1年後、薬は…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供 (c)朝日新聞社

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供 (c)朝日新聞社

主に国内で使われている薬 (週刊朝日2020年4月10日号より)

主に国内で使われている薬 (週刊朝日2020年4月10日号より)

■主に国内で使われている薬
抗HIV薬カレトラ(ロピナビル・リトナビル)……ウイルスの増殖を防ぐとされているが、中国の臨床試験では「有効性が認められない」という結果に

インフルエンザ治療薬アビガン(ファビピラビル)……ウイルスの増殖をさまたげる。期待される薬の一つで、日本でも臨床試験が始まった

喘息治療薬オルベスコ(シクレソニド)……ステロイドは免疫を下げるのでウイルスを増やす恐れがあるが、この薬には肺炎を改善する効果が示唆されている

レムデシビル……エボラ出血熱の治療薬として開発された。ウイルスの増殖を防ぐ。期待される薬の一つで、国際共同臨床試験が始まった

膵炎治療薬ナファモスタット、カモスタット……ウイルスが細胞内に入るのを防ぐ。臨床試験が始まる予定

マラリア治療薬クロロキン……ウイルスの増殖を抑える作用が期待されている。米国では予防的に自己判断で服用した男性が死亡した

(本誌・山内リカ)

週刊朝日  2020年4月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい