大阪万博「“動いている”外国人にサインもらった」嘉門タツオの思い出

2020/03/17 08:00

 3月15日で日本万国博覧会(大阪万博)の開幕から50年を迎えた。高度経済成長期に沸き勢いがあった1970年の日本。今とは違うことも多い。当時の様子をよく知るシンガー・ソングライターの嘉門タツオさんらに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 第18回 1965年―大阪は熱かった!

    第18回 1965年―大阪は熱かった!

    週刊朝日

    11/27

    大阪万博から50年 スマホ、動く歩道の“祖先”が当時展示されていた!

    大阪万博から50年 スマホ、動く歩道の“祖先”が当時展示されていた!

    週刊朝日

    3/16

  • 嘉門タツオ62歳、初めて語る「母との別れ」 今だからこそ思う「歌う意義」
    筆者の顔写真

    中西正男

    嘉門タツオ62歳、初めて語る「母との別れ」 今だからこそ思う「歌う意義」

    dot.

    12/4

    どこへ行く「大阪万博」 IR計画後ろ倒し、建設費が1.5倍の1850億円に

    どこへ行く「大阪万博」 IR計画後ろ倒し、建設費が1.5倍の1850億円に

    週刊朝日

    2/7

  • 第17回 万国博覧会の功労者

    第17回 万国博覧会の功労者

    週刊朝日

    11/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す