北原みのり「『一揆』で生きるために訴えよ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『一揆』で生きるために訴えよ」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

イラスト/田房永子

イラスト/田房永子

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は新型コロナウイルスへの日本政府の対応について。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
「疫病と増税が重なるとは……」

 ネットではそんな声がざわざわと広まりつつある。そろそろ一揆の季節でしょうか。隣の村と比べると、やっぱりこの村の残酷さは極まっているように見えて、自分が惨めだし。

 なにしろ、お隣の韓国では全国100カ所以上(2月26日時点)に検査機関を置き、1日5千人が検査できる態勢を整えているという(3月には1日1万3千人が検査できるという)。テレビではマスクをした文在寅大統領が奔走する姿が報道されている。韓国でも感染者数はどんどん増え、死者も出ているけれど、それこそ嘘(うそ)のない「現実」なのだろう。危機を矮小(わいしょう)化せず、ただ直視して真摯(しんし)に対応する。国民の健康と命を優先して動く。そんな国の姿が、お隣からは見えるのだ。

 対して日本は、なかなか動かなかった。危機感もリーダーシップも激しく欠けていた。何より衝撃的なのは、重症にならないと検査対象にならないと決めたことだ(27日現在)。高熱が続いていても肺炎にならなければ、日本に暮らす私たちは検査すらしてもらえないという。新型コロナウイルスは初期での対処が重要だと、専門家が口をそろえて言っているというのに、重症になるまで待てとは、どういうことなのだろう。検査数が少ないので日本での感染者は“少なく”見えるが、真実が見えないことで深まる不安に、底はない。

 怒りは細部にまでわたる。だいたい「クラスター」って何よ? 政府が率先して「クラスター」とか言っているけど、普通に「集団感染」と言ってほしい。こんな危機的場面で、分かりやすい言葉を使わずカタカナに言い換えたり、妙な解釈をしたりと現実逃避する今の政府に、命を握られていることが屈辱だ。

 現代の疫病が私たちに教えるのは、人類はまだ病を克服できていないということ、だからこそ政治が命だということなのかもしれない。今の政府は、ずっと前から合理的な思考をやめ、嘘を平気でつき、憲法や法律の解釈を自分流に行い、なにかあれば閣議決定し、都合良く既成事実をつくってきた。本当の危機に、「解釈」や「嘘」は通用しないのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい