「養生の道は中を守ること」帯津医師が語るマイペースの大切さ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「養生の道は中を守ること」帯津医師が語るマイペースの大切さ

連載「ナイス・エイジングのすすめ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

※写真はイメージです (c)朝日新聞社

※写真はイメージです (c)朝日新聞社

 もうひとつは「みずからの力量を知る」(巻第二の31)という教えです。「何をするのもまず自分の力量をはかってからすべきである」と説いたうえで、「力が及ばないのに無理をすると、気がへって病気になる」といましめています。若いときには、自分の力量を超えて挑戦してみるということも必要かもしれません。しかしナイス・エイジングにとっては無用ですね。すでに様々な経験を積んだ我々は、自分の力量を踏まえて、それをマイペースの基準にすればいいのです。

 中国の古典の菜根譚にもマイペースにつながる教えがあります。「忙中に閑、閑中に忙の心を」というものです。

「天地は静かで動かないようであるが、その間にある陰陽二気のはたらきは、少しも休息することがない。(中略)だから、君子は、ひまな時にも、さしせまった時の心がまえが必要であるし、また急がしい時にも、ゆったりとしたひまな時の心のゆとりが必要である」(講談社学術文庫、中村璋八・石川力山=訳注)

 まさにこれこそがマイペースを守るための心得ではないでしょうか。

週刊朝日  2020年2月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい