夏帆「すべて捨てる」恋に憧れ…妻夫木聡を相手に官能的な女を演じ (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏帆「すべて捨てる」恋に憧れ…妻夫木聡を相手に官能的な女を演じ

夏帆(かほ)/1991年、東京都生まれ。初主演映画「天然コケッコー」(2007年)で日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞。「海街diary」(15年)で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演映画に「友罪」(18年)、「きばいやんせ!私」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(19年)などがある。最新出演映画「Red」(原作:島本理生)が2月21日、全国で公開。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆(かほ)/1991年、東京都生まれ。初主演映画「天然コケッコー」(2007年)で日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞。「海街diary」(15年)で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演映画に「友罪」(18年)、「きばいやんせ!私」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(19年)などがある。最新出演映画「Red」(原作:島本理生)が2月21日、全国で公開。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆:自分の意思がないように見えるけど、実はすごく強い女性なんですよね。それを抑え込んで生きてきたけど、鞍田さんと再会して、ちょっとずついろんなことが解放されていくんです。

林:鞍田さんと二人で、雪の中を車で走ってる途中に食堂に寄りますけど、あの食堂のご夫婦は、この二人、夫婦じゃないってたぶん見抜くんですよね。

夏帆:そうですね。目が見えない旦那さんを奥さんがケアしてるのを見て、塔子もこの先の鞍田さんとのことをあの夫婦に重ね合わせるというシーンですね。

林:あの食堂の夫婦もワケありという感じで、心に残るいいシーンでした。やっぱり女性の監督(三島有紀子)だからきめ細かいですよね。

夏帆:女性の監督だからというよりかは、三島監督だから、というのがあると思います。「三島監督じゃなかったらこういう映画にならなかったんじゃないか」と男性スタッフが言ってましたね。

林:監督さんは、なんで夏帆さんにしたとおっしゃってました?

夏帆:三島監督とは過去にもご一緒しているのですが、なんで私だったんだろう……。また私を撮りたいと思ってくださったのはすごくうれしかったのですが、なぜ私だったのかはまだわからないです。

林:たぶん三島さんは、今まで誰も見たことのない夏帆さんをみんなに見せたかったんじゃないですか。

夏帆:確かに「違う夏帆を」ということはずっと言われてました。「今のでオッケーだけど、もうちょっとできるよね」とか、「もうちょっと違うところに行けるよね」って、常に現場で言われてました。

林:ああ、そうなんだ。

夏帆:それだけ期待してくださってるというか、私を信じてそう言ってくださってるんだなと感じて、とにかく三島監督に応えたいという一心でした。

林:塔子さんが新潟に出張して、大雪で飛行機も新幹線もストップして帰れなくなったとき、夫が「タクシーで帰ってこい」って電話で言うじゃないですか。私も京都に遊びに行ったとき、「きょう泊まる」って夫に電話したら、「ふざけるな。這ってでも帰ってこい」って言われたから、「わかる、このムッとする感じ」って思いましたよ。奥さんが泊まるということ自体、男の人はすごく腹が立つみたい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい