としまえんが近く閉園 ハリポタ施設が跡地に (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

としまえんが近く閉園 ハリポタ施設が跡地に

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日
閉園が検討されている「としまえん」 (c)朝日新聞社

閉園が検討されている「としまえん」 (c)朝日新聞社

 東京・練馬の遊園地「としまえん」が近く閉園し、跡地には「ハリー・ポッター」のテーマパークができるという。100年近い歴史がある施設だけに波紋が広がっている。

【写真】引き抜くとすさまじい叫び声を上げるという伝説がある「マンドラゴラ」の花

 報道によれば、テーマパークは米映画大手のワーナー・ブラザースが跡地を借りて運営し、2023年をめどにオープンする方向で調整が進んでいるという。

 としまえんを運営する西武ホールディングスの窓口となった西武鉄道広報部は、こう話した。

「交渉中かどうかも含め、何も言えることはないんです」。閉園については「否定も肯定もしない」とにごした。

 数々のアトラクションのほか、流れるプールや昆虫館を備え、親しまれてきたとしまえん。そばで生まれ育った30代の女性は戸惑いを隠せない。

「あって当たり前なので、なくなるといわれてもピンときません。初めてのデートも、振り袖を着ての成人式も、としまえん。思い出が詰まっていて……」

 1926(大正15)年の開園。近年は入場者数がピーク時から大幅に減り、老朽化も指摘されていた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい