森山未來「客寄せパンダでもいい!」俳優もダンサーも楽しむ開き直り (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

森山未來「客寄せパンダでもいい!」俳優もダンサーも楽しむ開き直り

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
森山未來(もりやま・みらい)/1984年生まれ。兵庫県出身。演劇、映像、パフォーミングアーツなどのカテゴライズに縛られない表現者として活躍。主な映画の出演作に、「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「モテキ」(11年)、「苦役列車」(12年)、「怒り」(16年)、「サムライマラソン」(19年)などがある。主演映画「アンダードッグ」は今冬公開予定。 (撮影/慎 芝賢)

森山未來(もりやま・みらい)/1984年生まれ。兵庫県出身。演劇、映像、パフォーミングアーツなどのカテゴライズに縛られない表現者として活躍。主な映画の出演作に、「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「モテキ」(11年)、「苦役列車」(12年)、「怒り」(16年)、「サムライマラソン」(19年)などがある。主演映画「アンダードッグ」は今冬公開予定。 (撮影/慎 芝賢)

(c)『オルジャスの白い馬』製作委員会

(c)『オルジャスの白い馬』製作委員会

THIS WEEK (週刊朝日2020年2月14日号より)

THIS WEEK (週刊朝日2020年2月14日号より)

 俳優とかダンサーとか、パフォーミングアーツとか、そんなカテゴライズは必要ない。どこにいても、目の前にいる相手と、あるいは自然と、都市と呼応しあえるような、特別な肉体を持つ人だ。そんな彼が、初めて海外作品の主演に挑んだ。

【「オルジャスの白い馬」の場面写真はこちら】

*  *  *
 カザフスタンで映画を撮りませんか? 2年前、森山さんの元に、突然、そんな話が舞い込んだ。カザフスタンが、ユーラシア大陸のへそにあたる部分に位置していることを確認して、“一体どんなところなんだろう?”と、シンプルに興味を持った。

「昔から、ノマドと呼ばれる遊牧民の暮らしに関心がありました。今は、そんな暮らし方をしている人はほとんどいないにしても、国という概念にとらわれない生き方をルーツに持つ人たちが暮らす場所に、すごく魅力を感じたんです」

 映画には、監督が2人いた。日本の竹葉リサ監督は、海外共同制作映画に携わるのが目的で、カンヌ国際映画祭のプロデューサーズネットワークに参加。カザフスタンのエルラン監督と出会ったことで、この企画が実現したという。

 2018年夏、映画の撮影が行われる前、森山さんは、ノルウェーとフランスに、それぞれ2週間ずつ滞在していた。

「ノルウェー人のダンサーと何か作ろうという話になって、2週間あーだこーだと、肉体をフルに使ったクリエイションをした後で、フランスのパリから南に電車で1時間のところにあるモンレアルという街に行きました。そこには、古いお城を改築してアーティストのレジデンス施設にしているところがあって、パリで活躍する日本人ダンサーの伊藤郁女(かおり)さんと2人で、今度はまた別のクリエイションをしました。城といえば聞こえはいいんですが、周りに何もなくて。週に2回、食料品を買い出しに行くことだけが、唯一の気分転換でした(笑)」

 そこからのカザフスタン入りだったが、ヨーロッパでの室内を拠点にした物づくりとは違い、今度は完全に自然が相手。撮影現場ではしょっちゅう予期せぬ事態が起こった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい