水泳のレベルアップはトレーニングの進化 平井コーチの「自転車」トレ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水泳のレベルアップはトレーニングの進化 平井コーチの「自転車」トレ

連載「金メダルへのコーチング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

水中練習前に「ワットバイク」をこぐ選手たち=1月2日、東洋大プール (撮影/堀井正明)

水中練習前に「ワットバイク」をこぐ選手たち=1月2日、東洋大プール (撮影/堀井正明)

 指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第5回は「トレーニング」について。

【写真】水中練習前に「ワットバイク」をこぐ選手たち

*  *  *
 水泳の練習はプールで泳ぐことが基本ですが、昔から陸上トレーニングも重視してきました。陸上でのストレッチや筋力トレーニング、ランニングなどを「ドライランドトレーニング」と呼んで、日々の練習で時間をかけて行っています。

 チームでは一昨年の9月から「ワットバイク」という室内用自転車をトレーニングに使い始めました。

 ランニングに比べて腰やひざへの負担が少なく、足を速く動かしながら筋力がつき、心肺機能を高めることができます。プールサイドに置いて泳ぎと交互にバイクをこいだり、全力でこぐ時間を変えたり、試行錯誤しながら積極的に活用してきました。キック力が向上して、スタートの飛び込みも力強さが増し、効果を実感できています。

 日本だけでなく世界の水泳がレベルアップしているのは、トレーニングの進化が大きいと思います。トレーナーのスキルが向上していることに加えて、各国のコーチが情報交換して、効果の高い練習方法を取り入れているのです。

 2月にも行く予定のスペイン・シエラネバダの標高2300メートルにあるトレーニング施設には世界中から選手が集まってきます。同じ宿舎に水泳だけでなく、陸上、トライアスロン、ボートなど多くの種目の選手が来ていて、行くたびに知的向上心が刺激されます。「何だろう」と興味を引くトレーニングをしているチームがあれば、つたない英語でどんどん質問します。

 室内用自転車はドイツの競泳長距離チームが水中練習の後にこいでいて、大会でいい結果を出していました。男子100メートル平泳ぎで世界記録を持つアダム・ピーティやリオ五輪女子400メートル、800メートル自由形銀メダルのジャスミン・カーリンら英国勢も使っていると聞きました。そんな情報を集めて自分のチームにも有効だと判断して、ワットバイクを導入しました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい