菊池涼介が広島残留で東京五輪へ 二塁手は山田哲人とどちらに (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

菊池涼介が広島残留で東京五輪へ 二塁手は山田哲人とどちらに

このエントリーをはてなブックマークに追加
梅宮昌宗週刊朝日#2020東京五輪
広島への残留を決めた菊池涼介(上)、ヤクルトでは二塁を守る山田哲人 (c)朝日新聞社

広島への残留を決めた菊池涼介(上)、ヤクルトでは二塁を守る山田哲人 (c)朝日新聞社

 東京五輪でもこの布陣で戦う可能性が高い。相手の手の内が読めない国際試合はロースコアになる可能性が高く、守備重視の布陣になる。打力では山田、浅村に劣るが、守備力を考えると菊池の優先順位が高くなる。国際試合を長年取材してきた韓国のメディアは、

「菊池の守備は他の選手とちょっと次元が違う。こんな二塁手は今まで見たことがない。守備範囲が広く球際も強い。どんな体勢からも送球できる。ヒットになる打球をアウトにするプレーを何度も見てきた。投手からすると菊池が二塁を守ると安心感があるでしょう」

 と絶賛していた。

 プレミア12では、二塁・菊池、一塁・山田、指名打者・浅村というスタメンが最も多かった。今大会は出場しなかったが、2年連続本塁打王の山川穂高(西武)、捕手で自身初の首位打者を獲得した森友哉(西武)の打力も魅力的だ。攻撃的布陣で考えるならば、二塁・山田、一塁・浅村、指名打者に山川、森、吉田正尚(オリックス)という選択肢もある。

 悲願の金メダル獲得へ、稲葉篤紀監督がどのような布陣を選択するのか注目される。(梅宮昌宗)

週刊朝日  2020年1月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい