ゴーン被告“逃亡”で15億円の保釈金は没収 東京地検、高検、最高検察庁まで召集「大晦日なのに」と恨み節 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴーン被告“逃亡”で15億円の保釈金は没収 東京地検、高検、最高検察庁まで召集「大晦日なのに」と恨み節

週刊朝日
東京地裁に入るカルロス・ゴーン被告(C)朝日新聞社

東京地裁に入るカルロス・ゴーン被告(C)朝日新聞社

「とりあえず公判手続き停止となって、検察はゴーン被告の所在を探すから待ってと裁判所に申し出るとみられます。レバノンに身柄を引き渡せ、と交渉しても無理でしょう。本当なら、起訴の取り消しなどの手続きをとらねばなりません。しかし、検察もメンツがあるから、簡単に引き下がれない。けど何年も放置というワケにもいかないだろうし、どうするつもりでしょうか」

 ゴーン被告とともに、日産の代表取締役だった、ケリー被告と法人としての日産自動車も起訴されている。

「そちらの方の裁判は始まるでしょう。けど、ゴーン被告がいての事件ですからね。それより問題は保釈保証金の設定でしょう。15億円はこのままいけば、没収ですね。しかし、これが100億円ならさすがにゴーン被告も逃げたりしなかったかもしれませんね。支払うのも大変だったのではないか。ただ15億円はゴーン被告のこれまでの稼ぎ、実績からすれば、踏み倒してもいい金額だったかもしれません」(落合弁護士)

 ある検事はこうぼやいた。

「東京地検だけではなく、東京高検、最高検察庁までお偉方が急遽、出てきていますよ。私も呼び出されて『どうなってんだ』と上から聞かれるんですが、わかるわけないって。こっちが聞きたいくらいです。ゴーン被告、逃げるにしても別のタイミングにしてくれたらよかったのに。よりによって大晦日なんて…」

 検察は正月も返上か…。
(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい