「この国は、歌の国」五木寛之と大竹しのぶが語る“令和の日本”

2020/01/04 11:30

 1969年の連載開始から50年、作家・五木寛之さんが描き続けるのが『青春の門』だ。75年の映画化の際、ヒロイン・織江役に抜擢された大竹しのぶさんと五木さんが対談を行った。前編では、五木さんの著作や原動力について語り合ったが、話は“歌”へ……。

あわせて読みたい

  • 五木寛之と大竹しのぶが語る“原動力”「他力は自力の母」

    五木寛之と大竹しのぶが語る“原動力”「他力は自力の母」

    週刊朝日

    1/4

    大竹しのぶが明かす母の死 自身の最期は“ピアフみたい”にがいい?

    大竹しのぶが明かす母の死 自身の最期は“ピアフみたい”にがいい?

    週刊朝日

    10/8

  • 「刺した瞬間に『許して』」大竹しのぶが語る女優の楽しみ

    「刺した瞬間に『許して』」大竹しのぶが語る女優の楽しみ

    週刊朝日

    10/8

    五木寛之氏と姜尚中氏が対談 美術品は洗うべき?

    五木寛之氏と姜尚中氏が対談 美術品は洗うべき?

    週刊朝日

    11/11

  • 五木寛之&姜尚中対談 白黒つけたがる時代に抗う

    五木寛之&姜尚中対談 白黒つけたがる時代に抗う

    週刊朝日

    6/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す