【ドラマ評】おぎやはぎ小木の夫役が絶妙 理由は「腹立つ顔」だから? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラマ評】おぎやはぎ小木の夫役が絶妙 理由は「腹立つ顔」だから?

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「G線上のあなたと私」(TBS系 火曜22:00~・12月17日、最終回)をウォッチした。

【今週のイラストはこちら】

*  *  *
「大人のバイオリン教室」で出会った年齢も立場もバラバラな3人の男女が織りなす恋と友情。

 寿退社目前に結婚も仕事も失った也映子(やえこ=波瑠)と、8歳年下の理人(りひと=中川大志)が、楽譜の音符をたどるように一音ずつゆっくりと恋を紡(つむ)いでいく。

 ちなみに5話で也映子が婚活話を始めた瞬間、画面にニュース速報「嵐の二宮和也さんが一般女性との結婚発表」の文字が。

 なんちゅータイミングだよと思えば、9話で也映子が理人に「もしかして私のこと好き?」と、非常に重要な問いかけをした瞬間、カーカーカーとのんきなカラスの鳴き声3回。

 え? 前衛的な演出ですね?と思えば、ただ我が家の窓の外でカラスが鳴いただけという、個人的に神シンクロなドラマなのだ。

 非モテで空回りばかりする女と、19年間無菌状態の童貞男を、美男美女が演じるあり得なさというのは、恋愛ドラマの王道あるあるなわけだけど。

 このドラマでめっちゃリアルなのはバイオリントリオのあと一人、恋する二人を見守る主婦の幸恵(ゆきえ=松下由樹)の存在だ。もうね、松下由樹の肉付きがいい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい