1年で2度も! 日程短縮で優勝の今平周吾に丸山茂樹「複雑でしょうね」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1年で2度も! 日程短縮で優勝の今平周吾に丸山茂樹「複雑でしょうね」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

婚約者の方と記念撮影。今平は幸せ者だねっ (c)朝日新聞社

婚約者の方と記念撮影。今平は幸せ者だねっ (c)朝日新聞社

 丸山茂樹氏は、今季の国内賞金王について語る。

*  *  *
 国内男子ツアーの「ダンロップフェニックストーナメント」(11月21~24日、宮崎・フェニックスCC)は最終日が悪天候のために中止となり、3日目を終えて単独トップだった今平周吾(27)が今シーズン2勝目を飾りました。

【写真】今平選手と婚約者の方の幸せツーショットはこちら

 とはいえ複雑でしょうね。今平は10月の「ブリヂストンオープン」も3日目と最終日がなくなっての優勝でしたから。4日間やりたかったでしょうね。やらせてあげたかったです。僕はこういう優勝の経験はないです。もう、ほんとに苦しみながら勝ちましたから。ハハハハ。それが年に2回なんて、相当珍しいですよ。まあ、今平が3日目を終えたところできっちりトップに立ってるという証しでもありますけどね。天気が悪くなるから頑張っとかなきゃというのはありますから。みんなに。みんな、天気には敏感ですからね。

 天気予報はめちゃくちゃチェックしますね。あとは大会の運営サイドも「明日は天気が悪くなりそうだから」っていう情報を出してきますから。みんな意識しますよね。

 ゴルファーはみんな天気予報のアプリでめちゃくちゃチェックしてます。僕なんかも1日10回ぐらい見るんじゃないですかね。もう癖ですね。「○月×日にゴルフが入ってるけど、寒いだろうな」とか。そういうのを頭の中でいろいろ考えますね。週間予報も見るし、テレビの天気予報も見るし、知っときたいんです。天気は。「今週の男子ツアーのある○○県の天気は荒れそうだな」なんてね。自分が現地に行くわけじゃないのにチェックしてます。

 それにしても、これで今平の2年連続賞金王が見えてきましたね。もう右手はタッチしたようなもんじゃないですか? 締め切りの関係で結果には触れられませんけど、あとはもう残り2試合をいつも通りのペースでできるかどうか。追いかけてくる選手が2週連続優勝なんてのがあると、また最後の最後まで分からなくなりますけどね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい