片寄涼太「女性を胸キュンさせるのが仕事」私生活では…? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

片寄涼太「女性を胸キュンさせるのが仕事」私生活では…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
工藤早春週刊朝日
片寄涼太(かたよせ・りょうた)/1994年生まれ、大阪府出身。GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル。主な出演作に映画「兄に愛されすぎて困ってます」「PRINCE OF LEGEND」、声優として劇場アニメ「きみと、波にのれたら」など。最新主演映画「午前0時、キスしに来てよ」は、12月6日全国ロードショー。
【COVER STAFF】撮影/馬場道浩 ヘアメイク/隈崎晋哉 スタイリング/吉田宗平(SIGNO)アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO

片寄涼太(かたよせ・りょうた)/1994年生まれ、大阪府出身。GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル。主な出演作に映画「兄に愛されすぎて困ってます」「PRINCE OF LEGEND」、声優として劇場アニメ「きみと、波にのれたら」など。最新主演映画「午前0時、キスしに来てよ」は、12月6日全国ロードショー。
【COVER STAFF】撮影/馬場道浩 ヘアメイク/隈崎晋哉 スタイリング/吉田宗平(SIGNO)アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO

 紅白出場も決まった人気沸騰中のグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太が最新作の映画で演じたのは、「芸能界のスーパースター」。長い手足と小さい顔、澄んだ瞳が魅力のザ・リアル王子に迫った。

【写真特集】片寄涼太フォトギャラリーはこちら

 歌も踊りも芝居もできるグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーとして活躍中の片寄涼太さん(25)。主演映画「午前0時、キスしに来てよ」で、人気絶頂のスター・楓を演じた。自分と境遇が似ていて、演じにくくはなかったのだろうか。

「楓の気持ちが理解できましたし、芸能界がすごくリアルに描かれているので、違和感なく(役に)なりきれました」

 映画の中では、女子高生の恋人と手をつないで海辺を歩いたり、遊園地を借り切ってデートをしたり、「ありえない」世界が展開されるが、片寄さんの王子っぷりが自然で、信じてしまいそうに。

「そう言ってもらえると嬉しいです。女性を胸キュンさせたいって、いつも思っています。それが僕らの仕事ですから」

 プライベートでは、今回の映画のような恋をする時間はあるのだろうか。

「今は、もし1日休めるよ、と言われても仕事がしたいです。暇になるほうが嫌です」

 そう答える表情は、真剣そのもの。夢のような恋は当分「映画の中」だけの話になりそうだ。(本誌・工藤早春)

週刊朝日  2019年11月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい