沢尻容疑者使用のMDMAは「愛の薬」 元麻薬取締官「常習すると精神錯乱を起こす」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沢尻容疑者使用のMDMAは「愛の薬」 元麻薬取締官「常習すると精神錯乱を起こす」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
来年のNHK大河ドラマ出演が決まっていた沢尻エリカ容疑者=撮影・小原雄輝

来年のNHK大河ドラマ出演が決まっていた沢尻エリカ容疑者=撮影・小原雄輝

 入手先については、こう話す。

「かつては渋谷の道玄坂や名古屋テレビ塔の下、道頓堀などでした。私は昨年、テレビの企画でクスリの売人とSNSを通じて話をしたことがあるんですが、彼は渋谷にいましたよ。声の感じでは、30代くらいの日本人でしたね。売人は客のニーズに応じて、覚醒剤、大麻、MDMAなど、複数のクスリを販売しています」

 これから沢尻容疑者はどうしたらいいのか。

「常習すると、精神錯乱を起こすようになりますから、クスリをきっぱりと絶って、治療することですね」

(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい