【家つまみ】寒いほどおいしい! 甘酒を使った“おかず汁”

【ワンポイントアドバイス】
豚肉をゆでるとき、アクをきれいにすくっておくことがおいしさの秘訣。  (撮影/写真部・松永卓也)
拡大写真

【ワンポイントアドバイス】 豚肉をゆで...

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとつまみ」。今回は「きのこと豚肉の甘酒汁」。

【写真】作り方のワンポイントアドバイスはこちら

*  *  *
 だんだんひんやりとした風が吹く季節になってきました。家に帰ったらあたたかいものを食べて、ひと息つきたいところです。甘酒を使ったおかず汁の作り方をご紹介したいと思います。

 まず、野菜や豚肉は食べやすい大きさに切っておきましょう。

 今回はしめじやにんじんなどを使いましたが、野菜はご自分の好きなものを入れていただいてかまいません。少しだけ残って困っている野菜を食べてしまうのにも、ちょうどいいかも。

 豚肉はお湯でサッとゆでて、きちんとアクを取り去っておくこと。肉の臭みがとれますから、料理の味わいが全然変わってきます。アクをすくったあと、ゆで汁は捨てずにそのままとっておいてください。ゆで汁には豚肉のうまみがしみ出ていますから、別のお鍋で甘酒と合わせます。そこに野菜とゆでた豚肉を入れて弱火で煮るだけ。汁があたたまってきたら味噌を溶き入れ、味を調えて完成です。

 七味唐辛子などをふって、アツアツのうちに召し上がってみてください。唐辛子の辛み、甘酒の甘み、味噌のコクが一体になって、体をあたためてくれます。寒い日ほどおいしい、おかず汁です。

(構成/赤根千鶴子)

■きのこと豚肉の甘酒汁
【材料】(2人分)しめじ100g、豚肉ロース薄切り200g、ねぎ30g、にんじん20g、小松菜30g、甘酒250ml、豚肉のゆで汁150ml、味噌大さじ1 

【作り方】(1)しめじは石づきを取り、ほぐしておく。豚肉は2cm幅に切る。ねぎは薄切りに、にんじんは細切りに。小松菜は5cmの長さに切る。(2)鍋に水を入れ、中火にかけ豚肉をさっとゆでて取り出しておく。ゆで汁は残しておく。(3)別鍋に甘酒と豚肉のゆで汁を合わせ、野菜類と豚肉を入れて弱火で煮る。味噌を加え味を調える。食べる時にお好みで、ねぎや七味唐辛子などをかけても。

【ワンポイントアドバイス】豚肉をゆでるとき、アクをきれいにすくっておくことがおいしさの秘訣。

週刊朝日  2019年11月1日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック