今年のドラフト1位指名は2人の高校生、佐々木朗希(大船渡)と 奥川恭伸(星稜)に集中へ

2019/10/16 11:30

 10月17日に都内で開かれるプロ野球の新人選択(ドラフト)会議が迫ってきた。1位指名は従来どおり入札抽選方式で、高校生最速の球速163キロを誇る佐々木朗希(岩手・大船渡高)、完成度は高校ナンバーワンの奥川恭伸(石川・星稜高)の両右腕に指名が集中する可能性が高い。大学ナンバーワン右腕の森下暢仁(明大)、強肩捕手の海野隆司(東海大)ら即戦力組の動向にも注目が集まる。

あわせて読みたい

  • パ4球団が競合した佐々木朗希 セから指名されなかった理由

    パ4球団が競合した佐々木朗希 セから指名されなかった理由

    週刊朝日

    10/23

    オリックス、ロッテ、日ハムは佐々木、奥川を外したらこの選手を狙え!

    オリックス、ロッテ、日ハムは佐々木、奥川を外したらこの選手を狙え!

    dot.

    10/13

  • 広島よ、重複覚悟で大船渡・佐々木を1位指名せよ【ドラフト2019】

    広島よ、重複覚悟で大船渡・佐々木を1位指名せよ【ドラフト2019】

    dot.

    10/2

    佐々木朗希投手がドラフト後に見せた「凍りついた表情」の意味

    佐々木朗希投手がドラフト後に見せた「凍りついた表情」の意味

    ダイヤモンド・オンライン

    10/21

  • パ・リーグの「勝ち組」「負け組」はどこだ?【2019ドラフト採点簿】

    パ・リーグの「勝ち組」「負け組」はどこだ?【2019ドラフト採点簿】

    dot.

    10/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す