関電と“原発のドン”との“蜜月”関係…稲田元防衛相、高木元復興相へ飛び火 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関電と“原発のドン”との“蜜月”関係…稲田元防衛相、高木元復興相へ飛び火

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
稲田朋美元防衛相(左)、高木毅元復興相 (c)朝日新聞社

稲田朋美元防衛相(左)、高木毅元復興相 (c)朝日新聞社

記者会見で謝罪する関電の八木誠会長(左から2人目)と岩根茂樹社長(右) (撮影/今西憲之)

記者会見で謝罪する関電の八木誠会長(左から2人目)と岩根茂樹社長(右) (撮影/今西憲之)

 電力会社、地元有力者に業者、そして政治家──。原発マネーをめぐる汚れた関係が徐々に明らかになってきた。関西電力の役員ら20人が、「原発のドン」とされる人物から3億2千万円にのぼる金品を受け取っていた。その人物の影響力は、少なくとも10年以上前から続いていた。

【写真】記者会見で謝罪する関電の八木誠会長と岩根茂樹社長

*  *  *
「なぜ受け取れないのか、というのが非常に厳しい言葉で、本当に激高されました。非常に厳しいお声で、にらまれるといいますかね。そういう感じでした」

 10月2日の記者会見。福井県高浜町の元助役の森山栄治氏(故人)から直接、金品859万円相当を受け取った関西電力の八木誠会長は、森山氏に返却を申し出た際の様子をそう説明した。

 八木会長は4年間にわたり、金貨、金杯、商品券、スーツ仕立券と数々の金品を受け取っている。

 一方、岩根茂樹社長は、

「就任祝いのお菓子だと言われてもらった。会社で秘書に確認させると金貨(10枚)があった。会社の金庫で保管していた。森山氏は意に沿わないことがあると激高するということで、タイミングをみて返そうと思っていた」

 と釈明した。

 報告書では、森山氏に関電が「配慮」した理由の一つをこうあげている。

<森山氏は高浜町、福井県庁、福井県議会及び国会議員に広い人脈を有する>

 森山氏と30年以上の付き合いがあった、地元の原発関連業者はこう明かす。

「高浜町では選挙に出るにはまず森山氏へのあいさつからはじまる。行かなきゃ、当選できないほど票とカネに影響力がある。それは国会議員も同じ。あいさつまではいかないが、地元の国会議員はみんなどっかで世話になっている。自身が株主で取締役だったオーイング(警備会社)と、アイビックス(同)など複数の関連会社を介して献金し、影響力を誇示していた」

 オーイングは森山氏が筆頭株主とされ、昨年5月、金沢国税局の税務調査があったころまで森山氏は役員だった。アイビックスの吉田敏貢会長はオーイングの役員にも名を連ねている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい