瀬戸内寂聴に「作家廃業宣言」横尾忠則が勧めるワケ (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴に「作家廃業宣言」横尾忠則が勧めるワケ

週刊朝日
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

 それより私、最近絵が描きたくてむずむずしてるんですよ。

 昔、昔、ヨコオさんに、私がコーヒーカップを描いたデッサンノートを見せたことがありましたね。ヨコオさんはそれを見るなり、のけぞって笑いだしましたネ、覚えてる? 「どうしたら、こんな絵?描けるんやろ!!」

 って、からだが後ろにひっくりかえりそうに笑いつづけて止まりませんでした。以来、私はヨコオさんに、自分の絵を見せることをあきらめました。今にして思えば、もしかしたらあの時、ヨコオさんは私の絵を一目見るなり、強力なライバルあらわる!とみなされ、私の絵の才能を、いち速くあの時点で、つみ取ってしまわれたのかも?

 いえいえ、九十七年も生きのびてしまった今となっては、自分の才能の限界くらい、しかとわかっております。私には、文筆以外の才能は何一つありません。思いもかけず九十七歳まで生きのびて、二十五歳すぎから、ペン一本で食べて来られたのも、書くという才能ただ一つのおかげです。書くのが好きだから。好きこそ才能です。ヨコオさんが描くのが面倒臭くなったなどぶつくさ言っても、結局、死ぬまで描いてゆくでしょう。いえいえ、あの世でも描きつづけるでしょう、ご苦労さま!!

 お休みなさい 寝冷えしないようにネ!

またね 寂聴


■横尾忠則「セトウチさんは、コンセプチュアルアーティスト?」

 セトウチさん

 この猛暑の中、風邪を引いてしまいました。外出すると車も建物も真冬以上に冷凍しているのでセトウチさんは外出しちゃダメです。

 遺書だか遺言だか、昔から言ってますよね。小説を書くよりも大変そーですね。結果は別として結局は成るように成るものですと、わかったようなこと言いますが、絵には絵の運命があって納まるところに納まると思っています。それより、3匹の猫をどうするかが大問題です。まだ8歳、あと10年後、その前に里親捜しです。希望者は編集部へどうぞご一報下さい。

 セトウチさんの世界の名画コレクションは神戸の僕の美術館に打診してみましょう。たとえ戦争があっても名画は戦火をくぐり抜けて、必ず護(まも)られます。あのヒットラーは人を殺したけれど美術は護りました。名画には神が宿っているので、教会が爆撃を受けても、ダ・ビンチの描いた壁画「最後の晩餐(ばんさん)」の壁だけが焼跡にスックト立っていました。名画には奇跡という守護神が宿っています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい