ドーピング違反の広島・バティスタ外野手 契約継続巡り賛否両論の声が上がる理由

2019/09/12 10:30

 日本野球機構(NPB)からドーピング違反で6カ月間の出場停止処分を科された広島のサビエル・バティスタ外野手が10日、ドミニカ共和国へ帰国した。スポーツ紙の報道によると、球団はバディスタに来季の契約は白紙であることを伝え、同国のカープアカデミーの施設使用を禁じたという。

あわせて読みたい

  • 号泣のワリエワは“周りの大人”の犠牲者か ドーピング「カネと名声だけが動機ではない」と専門家

    号泣のワリエワは“周りの大人”の犠牲者か ドーピング「カネと名声だけが動機ではない」と専門家

    dot.

    2/18

    西武・佐々木健が知人女性と長時間面会で1カ月の試合出場禁止「中田翔より重いのはおかしい」と指摘

    西武・佐々木健が知人女性と長時間面会で1カ月の試合出場禁止「中田翔より重いのはおかしい」と指摘

    dot.

    8/27

  • 優勝候補のワリエワ選手がドーピング検査陽性 片頭痛の薬が原因の可能性も

    優勝候補のワリエワ選手がドーピング検査陽性 片頭痛の薬が原因の可能性も

    AERA

    2/14

    中田翔が巨人移籍で第1号 張本勲氏はエールも「無期限謹慎を無視」とOBから疑問の声

    中田翔が巨人移籍で第1号 張本勲氏はエールも「無期限謹慎を無視」とOBから疑問の声

    dot.

    8/22

  • 契約解除のロッテ清田 独立リーグ首脳陣から「ファンの理解得られない」

    契約解除のロッテ清田 独立リーグ首脳陣から「ファンの理解得られない」

    dot.

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す