N国党の立花代表が脅迫容疑の容疑者に「警察に頭に来ている」と反論会見【全文】 プロレスラーも乱入 (1/6) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

N国党の立花代表が脅迫容疑の容疑者に「警察に頭に来ている」と反論会見【全文】 プロレスラーも乱入

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
会見した立花孝志・N国党代表(撮影・多田敏男)

会見した立花孝志・N国党代表(撮影・多田敏男)

月島署へ入る立花孝志・N国党代表(撮影・上田耕司)

月島署へ入る立花孝志・N国党代表(撮影・上田耕司)

「NHKから国民を守る党」の立花孝志が9月9日、参議院議員会館で緊急記者会見を開いた。内容は「参議院の立花孝志の出所進退に関する事項」と事前にSNSで告知し、会場には100人近くの報道陣、YouTuber、ネットの配信者らが詰めかけた。

【写真】月島署に入る立花孝志 ・N国代表を直撃

 きっかけは、N国党の、税理士で江東区議の二瓶文隆と東京都中央区議の文徳氏親子の離党だった。立花党首はYouTubeで、「25歳の二瓶文徳はこれからもね、徹底的に叩き続けますから。オレ、奥さん、この子のお母さんも彼女も知ってますよ。徹底的にこいつの人生を僕は潰していきますからね。二瓶親子、特に息子、覚悟しとけ。許さんゾ、ボケ」などと発言する動画をアップしていた。

 文隆氏に対しても、「税理士資格剥奪」といった動画を投稿していた。
 これに対して、息子の文徳区議から月島署に被害届けが出され、立花党首は9日、月島署に行き、聴取を受けた。

 会見で立花氏は「これが恐喝にあたるんですか。起訴され、罰金刑や執行猶予になれば議員を辞職します。けれども、起訴猶予や不起訴なら戦います。世論で辞めろという声が60%以上なら考えるし、80%なら、辞職を考えます。議員にしがみつくつもりはない」などと語った。

 立花党首の記者会見の主な内容、一問一答は次の通り。

「緊急にすいません。記者会見をさせていただきます。きょう朝、10時18分に着信がありまして、下4桁が110番で、話が聴きたいと留守番が入っていた。電話したところ、月島警察署だった。刑事さんにつながると、脅迫のことで話が聴きたいということだった。脅迫と言えば二瓶文徳中央区議会議員に対して、YouTubeで脅迫と受け取られても仕方がない動画をアップしたのは事実。それで今日、日程が空いていたので、先ほど月島署で犯罪の被疑者としての取り調べを受けました」

「(会見のリリース文に)進退のことと書いたがいま、直ちにやめません。警察のほうが捜査をしていたことがマスコミに漏れていた。誰がどういう情報で漏らしたのか調べたい」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい